入院

2015年07月20日

入院中に必要だったもの要らなかったもの

入院前にいろいろと調べて
便利グッズなども持っていきましたが
結果、必要だな~、と思ったものと
これは要らなかったな、というのが出てきたので
これから入院する人の為にもまとめてみようと思います。

病院指定のもの
 
寝間着
   私はいかにもパジャマ!というようなのは持っていきませんでした。
     いかにも病人って感じがして気分的にも滅入りそうだったので・・・。
     前にちらっと写真も載せましたがウエストが緩めのゴムになっているロングスカートと
     Tシャツ、ユニクロのブラトップで過ごしてました。結果、大正解♪
 
●下着
   普段はいているショーツ2~3枚とマタニティショーツ3枚セットで800円くらいのと
     生理用のショーツと持っていきました。
     結果、生理用ショーツと普段のは使わずマタニティショーツばっかりはいていました。
     やっぱり傷口にあたらず緩い感じが穿き心地が良かったです。

 ●洗面具
 ●石鹸
 ●シャンプー・リンス
   当初、6日ほどの入院でシャワーを浴びれるのも2~3回くらいだと思っていたので
     少量のシャンプー&リンスしか持っていかなかったのですが結果11日間の入院になり
     少し足りなくなってしまいました。荷物になるからと思っていたのが裏目に・・・。
     あと、術後初めて顔を洗った時、化粧水の香りにとっても癒されました☆
     好きな香りのものを持っていくのはお勧めです!
 
●箸
 ●スプーン
   どちらも使い捨てでは無いタイプと割り箸と使い捨てのスプーンを用意しました。
     いろんな方のブログを見ていて術後は洗いに行くのが面倒だから捨てられるものを
     使ってる方もいらっしゃったので両方用意しましたが、私は割り箸と使い捨てスプーンは
     一度も使いませんでした。お箸やスプーンを洗いに行くのもリハビリ!と思って
     動くように心がけていました。これは術後の回復度合いによると思いますので
     両方準備しててもいいかもです。

 ●湯呑
   持っていきませんでした。飲むのはタンブラーで飲んでいました。
 
●ポット
   象さんのマークのステンレスマグを持っていきました。これは大活躍!
     病院からお茶がいただけるのですが、これもリハビリを兼ねてステンレスマグを片手に
     お茶をもらいに行ってました。入院中はこのお茶ばっかり飲んでました。

 ●滑りにくい履物
   100均でスリッパを購入。皆さんのブログを参考にもう二度と戻ってこない!
     という意味も込めて退院時に捨ててきました。
     病室は2日に1回掃除をしてくださるのでとても綺麗でした。
     でも、ドレーンがつながってたからか意外とスリッパが血で汚れました。
     ただ、日課だったウォーキングは歩きにくかったのでクロックスみたいなのがいいかも。

 ●タオル
   私はお風呂上りはバスタオルではなく普通のタオル派なのでバスタオルよりも多めに準備。
     母に洗い替えで持ってきてもらってたので5枚くらいを洗い替えしていた感じです。
     でも、枕に巻いたりもしてたので多めにあっても重宝します。

 ●バスタオル
   手術用に1枚と私は手術当日の夜腰が痛かった時にバスタオルを丸めて使いましたが
     その2枚だけで十分でした。
 
●ティッシュペーパー
   妹が入院当日してくれたプレゼント☆
     
image
     かなりふわふわで幸せ気分になれます♪入院中はティッシュは贅沢するべし!!
 

 ●ゆったりめの上着
   手術の時に脱ぎやすいようにとの事でしたが、どんなのでも大丈夫そうでした。
     点滴が繋がってて何を着てても大変さは同じだったかなと。
 
●ヘアゴム
   手術の時に2つに分けてくくります。髪の長い人は必需品。
 
●ナプキン
   昼用と夜用1パックずつ。生理6日目での入院だったので心配してましたが
     結果、昼用・夜用ともに2~3個しか使いませんでした。
     下からの出血も殆どなく経過順調だったからかもしれません。



個人的に用意したもの
 ●マスク
   毎日使ってました!クシャミや咳などしたら術後直ぐはお腹に響くのでそれを防ぐためと
     エアコンでの乾燥を防ぐため寝る時もつけてました。
     あと、化粧してないのでごまかせて便利でしたよ♪

 ●ふた&ストロー付のコップ
   私の場合、61時間も水分が取れなかったので、結果ほとんど必要なかったです。
     初めて水分が取れた日の夜に使ったくらい。でも術後6時間で飲める人が殆どだと思うので
     これは必要です!!術後は起き上がるのも大変だし、寝返りも大変なので必需品です!
 
●ウエットティッシュ
   これも100均で買って行きましたがほとんど使いませんでした。
     でも、要らないかと言われると要ります!でも少量で良いと思います。
 
●のど飴
   これは必要!!全身麻酔で口に管を入れられているので術後どうして痰が絡みます。
     咳をするとお腹に響くのであまりしたくないからのど飴なめてました。
 
●小さめのデジタル時計
   携帯を触らなくても時間が分かったのでこれも便利でした。
 
●延長コード
   これも便利でした!使えるコンセントは3つくらいあったので不自由はしなかったのですが
     タブレットの充電に使ってました。これは必需品ですね♪
 
●S字フック
   小さめを4つ、大き目1つ、角度を変えられるタイプ4つを持っていきましたが
     使ったのは大き目1つ、小さ目1つでした。意外と使わなかった(笑)でも無いと困ります。
     病院によってぶら下げられる場所がいろいろだと思いますが、大き目のサイズを
     準備する方が良いと思います。
 ●小さめのバック
   水にぬれてもいいようなバック(シャワー用)とお買い物用の2種準備。
     買い物用は一度も使わず。シャワー用はよく使いました。
     私はタブレットを持っているので友達がお見舞いの時に買ってきてくれた雑誌の付録の
     バックがとても使いやすかったです。待合室で友達や家族と移動して話すときに
     タブレットやタンブラーを持って移動する時に便利でした。
     スマホの人は要らないかもですが・・・。参考までに。

 ●小さなかご
   身の回りをコンパクトにまとめられるようなソフトプラスチック製の籠を100均一で購入。
     これは良かったです。お箸やウエットティッシュ、イヤホンなど細々したのをまとめられたので。
 
●ストロー
   実家にあったストローを10本くらい持っていきましたが、ほとんど使いませんでした。
 
●タンブラー
   これは毎日使用していました。マグカップよりも蓋がついているタンブラーが断然使いやすい!
     主にステンレスマグでもらってきたお茶をタンブラーに移し替えて飲んでました。
     ステンレスマグの保温性が凄すぎて熱くて飲めなかったってのもありますが・・・。

 ●マグカップ
   ドリップコーヒーを飲むときに使用。それ以外は出番なしでした。
 ●ドライヤー
   病院の洗髪場で髪を乾かしていたのですが、3つほど常備されていたので入院してすぐに
     持って帰ってもらいました。病院によっても違うと思うので要確認ですね。

 ●イヤホン
   ウォークマンの物を持参。私はほぼFMを聞いていたので必需品でした。
     元気になってきた時はTVも見ていましたが、タブレットのフルセグで見ていたので
     イヤホンは欠かさず使ってました。あっ、あとウォーキングの時も音楽聞きながら歩いてました。

 ●充電器
   タブレットを常に延長コードに繋いだ充電器にさしっぱなしでした。これは忘れたら大変です。
 ●筆記用具
   手帳&フリックスボールペンと普通のボールペンを持っていきましたがボールペンは
     使いませんでした。でも、書類に記載漏れなどがあれば必要だと思います。
     手帳は日記のように毎日書き留めてましたので必需品でした。

 ●針金ハンガー
   2本持参しましたが、病院に備え付けのハンガーが2本ありましたので要らなかったですね。
 ●本
   妹に借りたmozuシリーズの文庫本を数冊。結局読めたのは退院前3日間くらい。
     それまでは活字を見るのが嫌だったので、予定通りの入院であれば要らなかったかな。



途中で母に持ってきてもらったものは
 ●フェイスパック
 ●枕
 ●マッサージ用のコロコロ
 
美容系は歩ける元気が出てきてからなので
こちらは通常期間の入院では余裕がなかったはず・・・。

枕は自分の枕ではないので快適ではなかったですが
病院のは高すぎたので持ってきてもらってよかったです





必要だったのは上記の物でしたが
その他にあったら良かったと思ったものは
 ●ベッドに敷くマット
 ●マイ枕


これは快適な睡眠を得るためには必要です


ほんとに腰の痛みには苦しんだので





振り返ってみて私は準備万端で行き過ぎたかも
ってところもありましたが、
無くて不安になったりするよりは良かったので
事前調査しててよかったと思いました


また、母が毎日来てくれたので
必要なものはその都度連絡すれば持ってきてくれたし
快適な入院生活だったな~



これから入院される方は良かったら参考にしてくださいね




ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ  

chocolat__life at 10:53|PermalinkComments(12)

2015年07月06日

入院2日目 手術当日~その①~

ようやく文章が書けるようになってきたので
少しずつ思い出しながら書いていきます。


まず、手術よりも一番ドキドキしていた浣腸

手術は2番目で11:30~の予定。

そこから逆算して8:30頃
看護師さんがやって来ました

四つん這いになるものと思っていた私

横向きに寝転がれば良いだけだったようで、
そこで少し安心

浣腸され、
『直ぐにトイレに行って座りながら
なるべく我慢してください』と言われたので
急いでトイレへ

他の方のブログを見てると
5分我慢してくださいと
言われているかたが多かったので
そのつもりでしたが
逆に直ぐにトイレに行って下さいと言われたので
拍子抜けな感じ

トイレで戦うこと20分。
無事に浣腸が終わりました


9:30頃点滴をして後は呼ばれるのを待つだけ


服装も特に前開きじゃないとダメ、
って事もなく自由な感じでした。

他の方のブログでT字帯を
売店で購入している方が多かったのですが
私の病院では何も言われなくて
術後どんな姿で出てくるのか分かりません(笑)



10時少し前に母と旦那さん、
妹と姪っ子が来てくれて
呼ばれるのを待ってました。



が…、なかなか呼ばれずに、
水分取れない私は拷問

手術前一番辛かったのは
水分が取れなかったこと

この段階で15時間半水分取ってないんです❗❗

ようやく12:30に呼ばれて手術室に向かいます❗


エレベーターで家族と共に手術室の前まで


入り口で家族とお別れ



中に入ると明らかに空気が違いました‼

ドラマのような世界

昨日、病室へ挨拶に来てくださった
看護師さんの顔が見えてホッと一安心


まず、名前と手術の方法を確認され
中に入ります。


そこはやっぱりドラマみたいな部屋で
広い空間に小さなベッド。
周りに機材がたくさん!


まず、ベッドに座って上半身を
前後2人でタオルで隠してくださり
その中で上の服を脱ぎました。

そして横になって
まず、麻酔科の先生が

『この酸素マスクから麻酔が入ります~。』

と軽く当ててくださり、
心電図のような物をペタペタ貼られ
主治医の先生の顔が見えてまたまた一安心

名前と手術の方法を再確認。

酸素マスクを当てられ

『だんだん麻酔が効いてきますよ~』

と言われたら目の前にある
手術のライトがぐるぐる周りだして
酔いそうになり
目を閉じたところから
全く記憶がありません(笑)


そして次に目が覚めたとき
予想外の出来事が起こっていたようで…。


続きまた書きます。


ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


chocolat__life at 14:16|PermalinkComments(0)

2015年07月03日

入院1日目~その3~

晩ご飯も食べ終わり、
後は寝るだけ


でも、こんな指示があるんです

image



今食べたご飯から手術2日目のお昼まで
食事はなくなり、
しかも、21時以降は水分も取れなくなるんです

ダメと言われると飲みたくなりますよね(笑)


旦那さんには夕食終わってから

『後2時間しかないよ❗早く飲んどかなきゃ❗❗』

って、意地悪されてました



気を使って旦那さんと二人にしてくれてた母が
19時頃に来てくれて明日からの流れを説明し
面会時間ギリギリの20時に二人は帰って行きました



21時までに水分補給を済ませて
消灯してから直ぐ眠りの世界へ


でも、寝るのが早すぎたのと
枕が合ず首が痛かったこと、
低反発マットで腰が痛かったこと、
暑かったことなど、何度も目が覚めてしまい
快適な睡眠ではなかったです。

でも、もともと寝ることが特技
と言っても良いくらい寝付きの良い私は
睡眠剤は必要無かったです(笑)



さぁ、いよいよ手術を迎えます。

早めに更新出来るくらい
回復が早いことを祈って挑みます❗



ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ



chocolat__life at 08:31|PermalinkComments(0)

入院1日目~その2~

お昼ご飯を食べ終わり
シャワーまでの1時間、
姪っ子がそろそろ静かに出来る
限界に近づいてたのでデイルームへ移動し
絵本を読んで遊んでいたら

『○○さん、婦人科で診察があるのでお越しください』

と看護師さんに言われ、
あれっ?
聞いてないけど~

私が覚えてなかったのかも
しれないけど、
予定外に先生のもとへ4人で移動~。


旦那さんは初めての診察だったので
先生が一から症状と手術の方法を
説明してくださいました。

旦那さんは手術が終わったあと
取り出したものを見れるので
前もって写真を撮ってほしい❗って
お願いしてたから、先生に

『写真撮影OKですか?』

って聞いてくれて、
先生からのOKもらいました

中にはビデオで撮影する人もいるそうです(笑)


更に触れるものがあれば
触らせてもらう許可も


私も触ってみたかった~。



診察中にシャワーの時間の14時が過ぎ、
急がなきゃいけないときに
下剤が効き始めトイレに直行


ようやくシャワー室に着いたのが14時15分。
ゆったり30分入れるはずが
半分になっちゃったので
ダッシュでシャワーを浴びることに

病室に戻ると手術の時に担当してくださる
看護師さんが挨拶に来てくれて
手術当日の流れを説明してくださり
続いて薬剤師さんがお薬や点滴の
説明をしに来てくれました。


至れり尽くせりだから
あまり考えず全てお任せしようと思っているので
特に緊張も恐怖心も今は無いかな



妹達が帰りしばらく旦那さんと二人で過ごし
18時に夕食が運ばれてきました。

image



白米、お味噌汁、カレイのみぞれ煮、
小松菜のからし和え、カリフラワーとレーズンの酢の物

白米以外は完食

夕食も美味しくいただきました


1日目の事だけでも盛りだくさん‼

また続き書きま~す。


ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ



chocolat__life at 07:40|PermalinkComments(0)

2015年07月02日

入院1日目

本日朝10時、無事に入院しました

いつも通り妹に迎えに来てもらい、
姪っ子と旦那さんと4人で出陣


10時少し前に到着し
そのまま病室のある5階へ案内されました


病室に入る前にシャワー室と洗髪場の案内をしてもらい、
シャワーは30分ごとの予約制(早い者勝ち)で、
ドライヤーを使って髪を乾かせる
洗髪場までありました


ドライヤーを自宅から持ってきたので
直ぐに持って帰ってもらいます




病室は個室だと寂しそうなので、
大部屋にしてもらいました

大部屋と言っても4人部屋なので、
かなりゆったりめ

しかも窓際


今日はバタバタとしてて
お部屋の中を撮影できなかったので
退院までに撮ります



部屋に着くと担当の看護師さんが
挨拶に来てくださいました。

若くて可愛い看護師さん

可愛いことももちろんポイント高めですが、
実家の病院にして良かったなと思ったことが
看護師さんや先生の言葉が関西弁で
地元の言葉が聞こえてくると、すごくホッとします

そのおかげなのか
あまり緊張していません

私と同じ境遇の方がいらっしゃれば
ぜひ参考にしてください‼

精神面で安心できるのは心強いと思います



可愛い看護師さんから手術までの段取りの説明と
おへその掃除、弾性ストッキングの採寸、
体温、血圧、酸素量の測定をしてもらい、
下剤である『センノシド2錠』を渡され
30分後の11時に服用の指示が

今回、手術よりも浣腸に一番ドキドキしている私

この下剤から始まってると思うとドキドキが止まりません❗



薬の任務を完了し、
お昼ご飯を待ってると可愛い看護師さんが

『シャワーの予約取ってきましたよ!
14時で大丈夫ですか?』

って、笑顔で言われちゃうと
私が男だったら看護師さんに恋しちゃうところです



そしてお楽しみのお昼ご飯

image



白米、野菜とキノコのスープ、茄子の肉詰め、
アスパラのクルミ和え、さつまいものレモン煮

病院食は薄味であまり期待してなかったのに
どれも美味しくいただきました



長くなりそうなので
続きはまた書きます‼


ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


chocolat__life at 21:13|PermalinkComments(0)