手術

2015年07月07日

入院3日目 手術後1日目

ようやく空が明るくなり始め
朝の検温の時から看護師さんに

固いマットに変えて欲しい❗❗

と訴えていた私



廊下でいろんな人が探してくれている
声が聞こえてるけど、
なかなかやって来ないってことは無いのか、
かなり不安に

そしてガスの出ない私にはこんな札が
枕元にぶら下がることに…。

image


この時既に水分を絶ってから
36時間になろうとしてます


いつでも飲めるように
ベッドサイドに準備万端にしてあるのに
眺めるだけの辛い時間が過ぎていきます


4人部屋のお二人が朝10時に退院して行かれました。

こんな状態で、私もあんな風に普通に歩ける日は
来るのだろうか?と不安に


12時を過ぎた頃看護師さんに

『一回立ってみようか!』

と言われたのでベッドサイドで
立てるかチャレンジすることに。

これで立てたらおしっこの管が抜ける!
と聞いてやる気満々に(笑)

でも、そんなに気合いを入れなくても
すっと立つことが出来、無事に管は抜かれました☆

でも、これからは歩かなくてはいけません❗

そのまま看護師さんに付き添ってもらってトイレまで

かなりスローペースだけど難なくクリア


そうそう、手術が終わって私の体からは
2本の管が出ていて、
1つはおしっこの管。

これは予備知識ありだったからいいんだけど、
もう1つはドレーンと言うヤツが出ていて、
こちらに予備知識がなく???状態。


最初は名前が覚えられなくて
ドローンみたいな名前って覚えてた(笑)

どうやら体液を出してるらしい。

『看護師さんが体液計りますね』

と回収してくれていたので
おそらく、体液だろうと思ってます

それは中々の大きさのチューブで
直径1センチくらいかな?
赤い液体が流れ出てます。

だんだん黄色い液体になっていくみたいだけど
まだまだ赤々と

やっぱり知らないことが起きると
ドキドキしちゃいますね



そして体を拭いてもらい
お着替えも済ませてさっぱり!

そして何と、私の目の前に入院していた方の
マットが猛反発だったんです!!!

直ぐさまキープ

さっと交換してもらいました~。

これで今日からの入院生活満喫できそう



そして、母が14時頃に来てくれて
来たときと帰るとき付き添ってもらって
トイレに行きました

ヨロヨロとかなりスローペースだけど
昨日の寝たきりを思えば
かなりの回復❗


そして未だにガスの出る気配全くなし


いったい何時になったら私は水分が取れるの





ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


chocolat__life at 19:59|PermalinkComments(0)

2015年07月06日

入院2日目 手術当日~その②~

次に気がついたのは電気毛布に包まれて
ガタガタと震えてるベッドの上

とにかく寒いのと生理痛みたいな
下腹部の重い痛みが続いてて
痛み止めを要求してたのを微かに覚えてるくらい。

その後は便が出そうだと訴えていたことも(笑)

オムツを履かされているようで
そのまま出してもらって大丈夫ですよ~。
って言われたのもうっすらと記憶に…。

今思うと腸に何も残ってないから
あり得ない話なんですが…。


だんだん痛みも収まり始め
皆の顔も見れるようになった頃
私の手術が5時間にも及んだと聞かされました❗❗

あの時の私のボーッとした頭ではハッキリと
理解してなかったかもしれません。

予定では2時間半の予定だったのですが
手術室に入ったのが12時30分
出てきたのは17時30分頃だったそうです。



途中で母と旦那さんが先生に呼ばれ
手術室に行くと

『左の卵菅が癒着していて
更に中にまで内膜症が進み
これが不妊の大きな原因に
なってるかもしれないので
摘出した方が今後の妊娠の可能性が
上がると思われますが
摘出しても良いでしょうか?』

と確認を取られたそうです。

悪いものは全部取ってしまった方が良いと
旦那さんとも話していたので
そのまま摘出をお願いしてくれたようで
私の知らないところで
左の卵菅ちゃんとはサヨウナラしていました


これだけでもびっくりなんですが
まだまだ終わらず、
なんと、予想通りダグラス窩の癒着があり、
かなり強敵だったようです!

そこを剥がすときに腸に穴が開いてしまったそうで…。
1週間絶食になっちゃいました


家族から話を聞いたあと
先生が病室に来てくださり
『○○さん、1週間ご飯食べられへんわ~。』
と言われ苦笑い


こんな結果になっても
不思議と全てを任せられる安心感からか
卵菅が無くなった寂しさも
腸に穴が開いたことも
怒りの気持ちは全く無くて
むしろ、悪いところを取っていただいて
ありがとうございました
という気持ちの方が大きかったです。



あっという間に面会時間も終わりになり、
皆が帰って行きました。

旦那さんとはこれでお別れ

もう明日の朝の飛行機で帰ります

あんな弱った私の姿が見納めなんて
さぞ不安だったことでしょう


しかし、しかし、私の一番の難関は
ここから始まりました


続きはまた後で~。


ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


chocolat__life at 20:01|PermalinkComments(0)

入院2日目 手術当日~その①~

ようやく文章が書けるようになってきたので
少しずつ思い出しながら書いていきます。


まず、手術よりも一番ドキドキしていた浣腸

手術は2番目で11:30~の予定。

そこから逆算して8:30頃
看護師さんがやって来ました

四つん這いになるものと思っていた私

横向きに寝転がれば良いだけだったようで、
そこで少し安心

浣腸され、
『直ぐにトイレに行って座りながら
なるべく我慢してください』と言われたので
急いでトイレへ

他の方のブログを見てると
5分我慢してくださいと
言われているかたが多かったので
そのつもりでしたが
逆に直ぐにトイレに行って下さいと言われたので
拍子抜けな感じ

トイレで戦うこと20分。
無事に浣腸が終わりました


9:30頃点滴をして後は呼ばれるのを待つだけ


服装も特に前開きじゃないとダメ、
って事もなく自由な感じでした。

他の方のブログでT字帯を
売店で購入している方が多かったのですが
私の病院では何も言われなくて
術後どんな姿で出てくるのか分かりません(笑)



10時少し前に母と旦那さん、
妹と姪っ子が来てくれて
呼ばれるのを待ってました。



が…、なかなか呼ばれずに、
水分取れない私は拷問

手術前一番辛かったのは
水分が取れなかったこと

この段階で15時間半水分取ってないんです❗❗

ようやく12:30に呼ばれて手術室に向かいます❗


エレベーターで家族と共に手術室の前まで


入り口で家族とお別れ



中に入ると明らかに空気が違いました‼

ドラマのような世界

昨日、病室へ挨拶に来てくださった
看護師さんの顔が見えてホッと一安心


まず、名前と手術の方法を確認され
中に入ります。


そこはやっぱりドラマみたいな部屋で
広い空間に小さなベッド。
周りに機材がたくさん!


まず、ベッドに座って上半身を
前後2人でタオルで隠してくださり
その中で上の服を脱ぎました。

そして横になって
まず、麻酔科の先生が

『この酸素マスクから麻酔が入ります~。』

と軽く当ててくださり、
心電図のような物をペタペタ貼られ
主治医の先生の顔が見えてまたまた一安心

名前と手術の方法を再確認。

酸素マスクを当てられ

『だんだん麻酔が効いてきますよ~』

と言われたら目の前にある
手術のライトがぐるぐる周りだして
酔いそうになり
目を閉じたところから
全く記憶がありません(笑)


そして次に目が覚めたとき
予想外の出来事が起こっていたようで…。


続きまた書きます。


ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


chocolat__life at 14:16|PermalinkComments(0)

2015年06月14日

手術日の決定!

手術する事を決めたので
そのまま手術前の検査をしていただきました


血液検査と耳たぶで血が止まりやすいかどうかの検査、
心電図と胸のレントゲンを取りました。

血液検査は試験管に4本ほど取られ
半分ほどしか結果が出てなかったけど
取り合えず結果が出てるものでは異常なし

それ以外の検査でも
特に異常はありませんでした


私の母が以前、貧血で倒れ
救急車で運ばれたことがあり
その時にあまりにもヘモグロビンの量が少なすぎて
輸血したことがあって、その時にお医者様から

貧血は遺伝するから気を付けてね

と言われてたので血液検査が心配でしたが
とりあえずは異常がなかったようなのでホッとしました



そして日程ですが、
こちらの病院に初めて電話した時に
手術は3か月待ちと言われていて
先生に確認しても

早くても9月かな~

とおっしゃったので諦めていましたが、
私が沖縄から来ていて
何回も行ったり来たりするのは大変なので
6月中に手術も終わる事を希望すると伝えると
いくつか候補を出してくださいました


『最短だと7月3日が空いてるね~。』
一度沖縄に帰ってからまた来るには期間が短すぎて
  飛行機のチケット代も高いだろうな~と別の日を希望

『次は8月28日』
なんと旧盆沖縄では一大イベントの一つなのと
  入院を同じ月内に収めたかったのでまたまた別日を希望

『じゃぁ、もう9月しかないね~。9月だと25日。』
これくらい後だとチケットも取りやすいし
  何とか同じ月内に収まりそうなのでここで予約


私から最短の日程を希望したのに
結局、私の都合で当初の予定通り
3か月後の手術になってしまいました。

わがままばっかりで先生ゴメンナサイ



診察室を出て旦那さんに手術日の事をで相談。

7月と9月だと手術どっちがいいかな

と聞くと

7月

と即答で返信があって

このまま実家にいていいから早く手術して帰ってきたら

と言ってもらったので
慌てて看護師の方に相談し
7月3日に変更していただきました。

6月11日に診察をして3週間後に
手術していただけることに

行ったり来たりしなくても良くなって
旦那さんには申し訳ないですが
ゆっくりさせてもらおうと思います


二転三転しましたがこれで手術日も決まり
ここまでたどり着けてすごくホッとしました



次は22日に診察を受けて
麻酔科の先生からの説明と
血液検査の残りの報告、
手術に関しての説明を聞き行きます


3週間ゆっくり出来るので
家族や友達との時間を過ごし楽しみます



ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ  



chocolat__life at 23:00|PermalinkComments(0)

2015年06月05日

MRIの結果

5月28日旦那さんと一緒に
MRIの結果を聞きに行きました 


旦那さんは初めての産婦人科と
病気の結果を聞くと言うことで
私以上にドキドキしてたみたいです

先生がMRIの画像を見ながら
説明をして下さいましたが
やっぱり左の卵巣が腫れていて大きさは5㎝

エコーで見ていたときは7㎝と言われていたので
私は小さいじゃんと少しホッとしましたが、
旦那さんは5㎝もあるのか
と二人の受け取りかたは対照的でした

MRIの画像では子宮の前に
大きな塊が見えていて、しかも、

右側も子宮内膜症の疑いが…


と言われてしまったのです

大きさはそんなに大きくないけど
ちょっと怪しいみたいです

最初に診てもらっていた
個人でやってらっしゃる婦人科の先生に

子宮筋腫もいくつかあるみたいだから
MRI撮った時に場所を確認した方が良いね。


と言われていたので
それも聞いてみましたが

小さいのがいくつか見えるけど
そんなに気にしなくても大丈夫ですよ
と言われてちょっと安心


こちらの先生の考えは
やっぱり子供を望むのであればなおさら
手術を急いだ方が良いと言われました



今日の検査結果を聞きに来るまで
毎日時間があればネットで検索していたのと

前回のエコー画像を見たときにも
手術を進められていたので
手術宣告をされるのは分かっていましたが

今までの人生で点滴を2回ほどしか打ったことがなく
病院とは無縁の健康優良児だった私には
手術と言われてもどこか現実味がありません


でも、もう少し他の先生の意見を聞いてみたい
という気持ちもあったし、

手術するなら実家で病院を探す


と、ほぼ決めていたので、
先生にその旨を伝えると快く了承してくださいました

セカンドオピニオンも考えましたが
私たちの中で県外へ行くことが決まっているなら
紹介状を書いて診てもらう方がスムーズとの事でしたので
そのようにお願いしてきました


先生に

〇〇県ならどこの病院が良いですか
 

とお聞きすると、なんと私が調べた中で
一番良いなと思っていた病院の名前を仰ったんです 

これは、もうここにお願いするしかない
と、私の中でほぼ確定


6月4日に紹介状を準備してお渡ししますので
それまでに病院を探しててくださいね。
 

と言われ、



紹介状のルールってよく分かんないけど
患者が行きたい病院を指定できるのか

まぁ、それならそれで自分が納得する病院を選ぼう

と病院初心者の私には分からないことだらけでした


何はともあれ、一つ大きな決断を下したので
また一歩進めます







ランキングに参加しました。
よろしければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ  
にほんブログ村


chocolat__life at 19:20|PermalinkComments(0)